LIFA大塚

0120 39 1794

お問い合わせ

先進的窓リノベ2024事業

2024年2月6日


はじめに

先進的窓リノベ2024事業とは

先進的窓リノベ2024事業とは

マンションや戸建ての窓・ドアを省エネ効果の高い断熱窓・断熱ドアに改修する費用に対して、補助金がもらえる制度です。窓・ドアのリフォーム内容に応じて、一戸当たり、5万円から最大200万円まで、概ねリフォーム費用の1/2程度の補助金が交付されます。

先進的窓リノベ2024事業


対象工事


補助額

補助率※1はリフォーム費用※2の1/2程度。上限200万まで。

補助率※1はリフォーム費用※2
1/2程度。上限200万まで。

※1:窓・ドアリフォームにかかった費用のうち補助してくれる金額の割合のこと
※2:リフォーム費用とは「製品費用+工事費」のこと


対象期間

予算上限で終了!交付申請はお早めに!

予算上限で終了!交付申請は
お早めに!

対象期間:2024年12月31日までに工事が完了するもの
交付申請期間:2024年3月下旬~予算上限に達するまで

窓の内側にもうひとつ窓を取り付ける、あたたか窓リフォーム。ライファ大塚がおすすめしたいのは「LIXILインプラス(内窓)」。高い断熱性能でお部屋の暖かさを保ち、省エネ効果は格段にアップします!



「インプラス(内窓)」で室温は7℃ UP!

「インプラス」をつけると、室温+7℃の効果が期待できます。その秘密は、既存の窓とインプラスの間に生まれる新しい空気層。外の冷気の侵入を防ぎ、エアコンで暖められた室内の空気を逃げにくくします。しかも、インプラスはアルミの約1/1000の熱伝導率の樹脂でできており、高い断熱効果を発揮します。

ご存じですか?“暖かさ”は窓から逃げていく!

一般住宅において、熱の出入りが最も多いのは、屋根や外壁よりも「窓」などの開口部です。冬の暖房時には約6割の熱が「窓などの開口部」から流出。窓の断熱性能・ 遮熱性能を高めると、暖房に頼り過ぎなくても暖かい住まいを実現できます。

インプラス(内窓)は、

“住まいの寒さ問題”を解決します!

冬あたたか、夏さわやか。快適なリビングに

サッシから熱が逃げて、冷気が侵入。
暖房の効きが悪く、足元が冷える…。

内窓を付けると熱が逃げないので、
お部屋は暖か、足元ポカポカ。


エアコン消して、ぐっすり眠れる寝室に

寒いからエアコンをつけたまま、眠る
ことに。乾燥して、寝苦しい…。

エアコンを切っても、暖かさが持続。
お布団だけで、ぐっすり快眠。


寒い冬の朝でも、布団からでられる

真冬の朝の子ども部屋。何度起こしても、
子どもが布団から出てこない…。

真冬の朝でも、寒くない!さっと布団
から出て身支度できる!


お風呂のヒートショック対策に!

脱衣所と浴室の温度差は急激な血圧変化
をもたらし、心臓の大きな負担に。

冬でもあたたか。体にやさしい浴室の
温度に。

「暖かい部屋のメリット」に関する参考サイト

「インプラス(内窓)」で室温は7℃ UP!

「インプラス」をつけると、室温+7℃の効果が期待できます。その秘密は、既存の窓とインプラスの間に生まれる新しい空気層。外の冷気の侵入を防ぎ、エアコンで暖められた室内の空気を逃げにくくします。しかも、インプラスはアルミの約1/1000の熱伝導率の樹脂でできており、高い断熱効果を発揮します。

ご存じですか?“暖かさ”は窓から逃げていく!

一般住宅において、熱の出入りが最も多いのは、屋根や外壁よりも「窓」などの開口部です。冬の暖房時には約6割の熱が「窓などの開口部」から流出。窓の断熱性能・ 遮熱性能を高めると、暖房に頼り過ぎなくても暖かい住まいを実現できます。

省エネ効果

ひと月1400円の省エネ効果。

窓の断熱性能がアップした住まいは冷暖房が効きやすく経済的!毎月の暖冷房費が約1,400円も節約できます。温暖化につながる二酸化炭素の排出量も削減できるので、新しい暖房器具を追加するより、ランニングコストを抑制でき環境にやさしい“寒さ”対策を実現できます。

※算出条件
シミュレーション地区:東京
●AE-Sim/Heatにより算出 ●2階建て/延べ床面積:120.07㎡、開口率:〈4地域以南〉26.8% ●4人家族 ●エアコン 暖房:20℃、冷房:27℃・60% ●暖冷房運転:間歇運転 ●拡張アメダス気象データ2000年版を使用●住宅断熱仕様:昭和55年省エネルギー基準適合レベル ●居室の窓(9窓)にインプラスを設置 ●居室の窓(9窓)にレースカーテンを併用 ●電気料金:27円/kWh、CO2排出係数:0.43kg-CO2/kWh ●スギの木のCO2吸収量:14kg-CO2/本 ●1年間のシミュレーションを12カ月で割った平均値


遮音効果

空気の層が防音壁に。騒音が気にならない!

インプラスを取付けると、今ある窓との間に生まれる空気の層が「外からの不快な音が室内に入ること」や「室内で発生した音が、近隣に漏れること」を抑える防音壁になります。例えば交通量の多い道路から聞こえる大きな音も図書館並みの静かさに。また、室内音が近隣に漏れることも抑えられます。

※遮音性能は、JISで定められた方法により実験室で測定した測定値です。実際の建築物の現場で測定したとき、実験とは音場(音波が伝わっている空間の状況を示す)が異なるので、それぞれの測定値に差異が生じます。


結露防止

結露の発生を抑え、お掃除ラクラク。

外気によって冷やされたガラスやサッシが、室内の空気と触れることで空気中の水分が水滴となる「結露」。この水滴によって、湿気を好むカビやダニの繁殖が促され、アレルギーやぜんそくを引き起こしてしまうおそれも。インプラスを取り付けると既存の窓との間の空気層ができ、外気温の影響を受けにくくなり、結露の発生を大幅に抑制します。

※インプラスを取付ける事で、結露は抑制されますが、室内外の気温差が大きく、室内の湿度が高い場合などには、既存の窓やインプラスに結露が発生する場合もあります。※建物の構造、お住まいの諸条件により得られる効果に違いがあります。


紫外線カット

「Low-E複層ガラス」で 紫外線をカット!

紫外線は、人体や住まいにとって有害な電磁波です。肌の日焼けやカーテン・家具などの色あせの原因にもなります。「Low-E複層ガラス」は、一般複層ガラスに比べ、より多くの紫外線をカットするため紫外線対策にもおすすめです。

※Low-E複層ガラス グリーン(高遮熱仕様)3-A12-3の性能値

インプラスについて


冬あたたか、夏さわやか。快適なリビングに

サッシから熱が逃げて、冷気が侵入。
暖房の効きが悪く、足元が冷える…。

内窓を付けると熱が逃げないので、
お部屋は暖か、足元ポカポカ。



エアコン消して、ぐっすり眠れる寝室に

寒いからエアコンをつけたまま、眠る
ことに。乾燥して、寝苦しい…。

エアコンを切っても、暖かさが持続。
お布団だけで、ぐっすり快眠。



寒い冬の朝でも、布団からでられる

真冬の朝の子ども部屋。何度起こしても、
子どもが布団から出てこない…。

真冬の朝でも、寒くない!さっと布団
から出て身支度できる!



お風呂のヒートショック対策に!

脱衣所と浴室の温度差は急激な血圧変化
をもたらし、心臓の大きな負担に。

冬でもあたたか。体にやさしい浴室の
温度に。

省エネ効果

ひと月1400円の省エネ効果。

窓の断熱性能がアップした住まいは冷暖房が効きやすく経済的!毎月の暖冷房費が約1,400円も節約できます。温暖化につながる二酸化炭素の排出量も削減できるので、新しい暖房器具を追加するより、ランニングコストを抑制でき環境にやさしい“寒さ”対策を実現できます。

※算出条件
シミュレーション地区:東京
●AE-Sim/Heatにより算出 ●2階建て/延べ床面積:120.07㎡、開口率:〈4地域以南〉26.8% ●4人家族 ●エアコン 暖房:20℃、冷房:27℃・60% ●暖冷房運転:間歇運転 ●拡張アメダス気象データ2000年版を使用●住宅断熱仕様:昭和55年省エネルギー基準適合レベル ●居室の窓(9窓)にインプラスを設置 ●居室の窓(9窓)にレースカーテンを併用 ●電気料金:27円/kWh、CO2排出係数:0.43kg-CO2/kWh ●スギの木のCO2吸収量:14kg-CO2/本 ●1年間のシミュレーションを12カ月で割った平均値


遮音効果

空気の層が防音壁に。
騒音が気にならない!

インプラスを取付けると、今ある窓との間に生まれる空気の層が「外からの不快な音が室内に入ること」や「室内で発生した音が、近隣に漏れること」を抑える防音壁になります。例えば交通量の多い道路から聞こえる大きな音も図書館並みの静かさに。また、室内音が近隣に漏れることも抑えられます。

※遮音性能は、JISで定められた方法により実験室で測定した測定値です。実際の建築物の現場で測定したとき、実験とは音場(音波が伝わっている空間の状況を示す)が異なるので、それぞれの測定値に差異が生じます。


結露防止

結露の発生を抑え、お掃除ラクラク。

外気によって冷やされたガラスやサッシが、室内の空気と触れることで空気中の水分が水滴となる「結露」。この水滴によって、湿気を好むカビやダニの繁殖が促され、アレルギーやぜんそくを引き起こしてしまうおそれも。インプラスを取り付けると既存の窓との間の空気層ができ、外気温の影響を受けにくくなり、結露の発生を大幅に抑制します。

※インプラスを取付ける事で、結露は抑制されますが、室内外の気温差が大きく、室内の湿度が高い場合などには、既存の窓やインプラスに結露が発生する場合もあります。※建物の構造、お住まいの諸条件により得られる効果に違いがあります。


紫外線カット

「Low-E複層ガラス」で
紫外線をカット!

紫外線は、人体や住まいにとって有害な電磁波です。肌の日焼けやカーテン・家具などの色あせの原因にもなります。「Low-E複層ガラス」は、一般複層ガラスに比べ、より多くの紫外線をカットするため紫外線対策にもおすすめです。

※Low-E複層ガラス グリーン(高遮熱仕様)3-A12-3の性能値

リノベコンセプト
LIXILリフォームショップ
リノベ事例

Posted by 管理人