施工事例 005 東京都豊島区 I様邸

2021年9月15日

タイルを⼤胆に使用した
デザインリノベ

ダイニング・キッチンや洗面室など随所にタイルを使用し、個性溢れる空間に。食器棚やワインセラーなど、キッチン周りの収納にもこだわりました。

東京都豊島区 I様邸 〔ご夫婦・お子様一人〕

工事面積約55㎡
間取り3LDK
築年数(施工時)19年
リフォーム内容リノベーション
工期25日
費用約1,100万円

イタリアンバルのようなダイニング・キッチン

ダイニング部分とキッチンの床は名古屋モザイクのタイル。シックなトーンのタイルを多⾊使いし、イタリアンバルのような雰囲気に。ダイニングテーブル奥には、フルタイムで働く奥様専用のワークスペースを設置しました。

▷ 床暖房付きで冬は暖かく、夏はひんやり。床タイルは耐久性にすぐれ椅⼦を引いても傷つきません。
▷ キッチン横に奥様専用のワークスペースを設置。パソコン⽤電源、⼿元⽤照明、メモを貼れるコルクボードなど、使いやすさを考慮。

ライフスタイルに合わせて手作りしたキッチン収納

I様邸のもうひとつの特長は、キッチンの収納の多さ。作り付けの食器棚、造作したワインセラーなど、お客様のライフスタイルをお聞きして、お客様にとって使いやすい収納を手作りしました。

▷ 作り付けの⽩い⾷器棚は、扉の中に電⼦レンジや炊飯器が収まります。キッチンカウンターのダイニング側にも収納を設けました。
▷ ワイン好きのご夫婦のため、特注でキッチンカウンターの寸法を伸ばし、ワイ ンセラー造作。

家族が集うリビングは心地よい空間に

リビングの床材は、ナチュラルな⽩⽊のフローリング。壁面は湿度が高い時は湿気を吸収し、乾燥している時は湿気を放出する「エコカラット」。雰囲気的にも環境的にも居心地のよい空間になりました。

▷ リビング壁面には間接照明を複数設置。
エコカラットはインテリアデザインのアクセントとしても。
▷ テレビボードは家具屋さんに造作を依頼。サイドにはケータイやルンバの充電場所が作られています。
▷ リビング天井に「電動物⼲し」を」内蔵。普段は天井内に、使用時は電動で降下。梅雨や花粉の季節に便利です。

タイル使いで空間に統一感を演出

水回り空間の壁面の一部にアクセントとしてタイルを使用。デザインに繋がりが生まれ、空間全体に統一感がでます。

▷水回りの 動線もスムーズ。キッチン、洗濯機、洗面所と繋がっていてとても便利。
▷ トイレの背面にニッチを造作。タイルを貼り、照明を仕込みました。
▷ ユニットバスには、アクセントにタイルを使用。
▷ ステンレスの棚はお客様がご用意したもの。

OWNER’S VOICE

自分たちの生活に家が寄ってきてくれたよう

今回のリフォームにあたり、他社にも見積もりを依頼しました。他の会社さんが「壁紙の色はどうしましょうか」というようなことから打合せが始まったのに対し、ライファ大塚さんは「どんな暮らしをしたいか」ということからスタートしたのは印象的でした。 私たちはリノベーションは、業者に相談して一ヶ月くらいで工事スタートだと思っていましたが、ああしよう、こうしようと一緒に時間をかけて考えていく過程が大切で、そうした過程が 最終的な満足度につながるのだと分かりました。 今まではマンションのつくりに合わせて暮らしてきたように思います。今回、リノベすることで「家のほうが自分たちの生活に寄ってきてくれた」ように感じており、毎日とても快適に暮らしています。 ありがとうございました。

Before After 平面図

Before

After

※事例紹介で説明した箇所に色づけをしています。

担当者より

今回のリフォームは間取りは大きく変えていないのですが、生活がラクになるような細かい工夫を施しています。タイルなどを大胆に使うこと楽しい空間になったのでは、と思います。お客様はリフォーム完成前から、完成後の生活で使う家具などをいろいろと探していらっしゃり、打合せ段階から楽しんでいただけたようです。

担当:ニルセン 富士子

Posted by 管理人