施工事例 025 東京都新宿区 M様邸

2023年2月24日

都心の限られた敷地の「3階建て」

都心の限られた敷地の「3階建て」

都心に建てられた3階建て住宅。限られた敷地内にいかに効率的に3階建てを建築するかが課題でした。「2階ワンフロアをLDK」にし「3階を子供部屋に割り当てる」など、M様ご家族の優先順位に沿った「ご家族にとっての効率的な間取り」をご提案。3階建てならではの「収納」「採光」の工夫も随所に施し、広くない敷地でも十分に暮らしやすい家を実現しました。

〔新築〕 東京都新宿区 M様邸 
●建築面積/約38㎡  ●工期/約5ヶ月 ●間取り/3LDK 


2階:LDK


ご要望:明るく開放的なLDKにしたい
LDKに光を取り込むためのガラス張り鉄骨階段。3階南向き窓から2階のリビングに光が落ちてきます。ガラスの壁面と鉄骨階段はインテリアデザインのアクセントにもなっています。壁面ガラスは安全性に配慮し、強い地震に耐えうる強度を確保しています。

ご要望:LDKをできる限り広くとれる間取りにしたい
ご家族の生活の中心となるLDKを最大限広くとるために、2階ワンフロアをLDKにする間取りをご提案。壁面をガラスにすることで圧迫感を軽減。空間にヌケができ、実際以上に広さを感じます。また、空間をスッキリ保つために壁面収納を設けています。

限られたスペースを効率的に活かすには、家具よりも作りつけの収納のほうが、無駄がなくておすすめです。藍色の壁面はエコカラット。壁掛けテレビ用に下地を入れたり、背面コードの配線経路を確保したり、細かい配慮を施しています。インテリデザインのアクセントにもなっています。

施主様のデザイン的なご要望を反映し、縦長の窓を多数配置。採光を考慮して角の窓は床面まで取りました。M様邸前の公園の緑(桜の木)が開放感を高めています。春には桜の花も楽しめます。冷暖房効率と公園からの防音を考慮し、窓はすべてペアガラスを採用。床材にはナラ材オークを使用しています。


キッチン


シンプルなデザインの機能的なキッチン。

キッチン奥には、十分な収納とパントリーを用意。スペースが限られた家ほど、収納をしっかり設計することが大切です。

キッチン奥には、十分な収納とパントリーを用意。スペースが限られた家ほど、収納をしっかり設計することが大切です。

3階建てのLDKフロアには、トイレと手洗いは必須です。


3階:廊下/バルコニー/子供部屋


3階の廊下+バルコニーは開放的。バルコニーに出ると、公園の桜の木が目の前に。

3階の廊下は、南向きの窓から日光が差し込みます。室内干しのためのポールも設置。

3階の廊下は、南向きの窓から日光が差し込みます。室内干しのためのポールも設置。

3階は2部屋の子供部屋。


階 段


2階から3階へ上る階段は黒の鉄骨。2階から1階へ降りる階段は木目の階段。


1階:水回り


浴室は乾燥機付きで洗濯物を乾かせます。


玄 関


たっぷり収納できる玄関収納は2WAYタイプ。廊下側からもアクセスでき、スリッパなど室内で使用するものの収納に便利。

この事例の施工工程はブログへ→

Posted by 川村 茂盛