【4】伝統?革新?のスゴ技。~初心者にはブタかピカチュウか/アメシン

いいもの探し【4】アメシン(飴細工)

飴細工ってご存じですか?
昭和生まれ下町育ちのコジマにとっては、縁日の時にたくさん並ぶ屋台に混じってたまに登場する大好きなものでした。
100円払って竹ストローの先に柔らかくなった飴を付けてもらい、上手に膨らませることができると大きさに応じて賞品(売り物の飴細工)をもらえるのです!
ただし、ほとんどの子供は膨らませる前に割れてしまう(下手すると膨らまない)という。
コジマにとって、唯一直径7センチほど膨らませた時にもらえた賞品が小さなウサギだったのでした(何十年前だ。遠い目…)。

なんか…ただならぬ雰囲気
わくわくしますね
商品の数々。
お土産に喜ばれそう!
精巧な飴細工も購入できます。
写真が下手なのと、反射でうまく伝わらないのが残念。

さて、時は移り変わって令和ですが。
飴細工体験ができるお店があるのです。浅草にある「アメシン」さんです。
TVCMなどで、精巧な金魚の飴細工を見たことはあるのでは?なんと、あの作品を生み出すのが「アメシン」さんなのです。
浅草駅からほど近い花川戸にあるアメシンさんの工房で、なんと初心者が挑戦できるのはウサギ!

講師の方から作り方のデモンストレーションと丁寧な説明を聞き、いざチャレンジです。

お手本のウサギと説明書き
講師の方のデモは素早く…
…簡単そうに見えます!

練習用の飴で練習しますが、熱い!、柔らかい!(垂れる)と格闘しているとあっという間に冷めて固まるという…
色のせいもあり どう見てもこれは…ブタ… もう少しマシなところでピカチュウか…

こ、これはっ(ケイコ)
急いで急いで(ケイコ)
棒がめり込む!(ケイコ)
垂れないで~(コジマ)

講師の方のあたたかいフォローに励まされ、いよいよ本番。
ブログにも載せたいのに、ブタでは困るなあ…と必死です。
白いお蔭もあってか、何とかウサギのようなものになりました!…なったかな…?と思うんですが。

ドヤ顔!よい表情です(ケイコ作)
進化の度合いが凄い(ケイコ作)

きゃあきゃあ騒ぎながら、というのもありましたが、教わりながら手を動かして何かを作るのはとても楽しかったです。
何かと制約が多く閉塞感のある日常のなか、よいリフレッシュできたのかもしれませんね。
世の中たくさんの「体験教室」がありますが、「飴細工」って、かなり珍しいのではないでしょうか。ちょっと変わったことをして気分転換、という方にはもってこいの体験かと。

やる気のないゆるウサギ(コジマ作)
進化…してますかね(コジマ作)

二回目からは「犬」「猫」にチャレンジできるそうです。
どんな生き物になってしまうのか…(笑)

【お店情報】
アメシン
〒111-0033
東京都台東区花川戸2-9-1 堀ビル1F
公式ホームページ
(複数店舗情報あり)

ヤマタノオロチ 凄さが伝わりますか?


【いいもの探し】ライファ大塚では、お客様だけでなく私たち自身も心豊かな暮らしを送るために、常に「良質なもの」(商品、サービス、お店、建物、アイデア、…etc.)を探すアンテナを張っていたいと考えています。リフォームに直接関係あるもの、ないものに関わらず「これ、いいね」と思うもの。もし見つけたらぜひ皆さんにも紹介したい!仕事の合間を縫って、社内でも探求心の強いケイコ、コジマのコンビが事務所を飛び出し、ゆるくブログでレポートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


0120-39-1794 お問合せ