【26】ひとにも地球にもやさしい/cosine(コサイン)

いいもの探し【26】cosine(木製家具)

またしても来てしまった青山・表参道につづく神宮前、お洒落エリア。
このあたりはインテリアショップも色々あるからいいね!なんて考えていましたが、実際歩いてみると海外のラグジュアリーなブランドのショールーム等、ドキドキするような(気軽にフラ~っとは入れないような)お店の多いこと。小心者のコジマは「ど、どこに入ろうか…」となかなか決断できません。ケイコとふたりさまよっているとガラス越しに木の家具の数々がが見えます。小売店かショールームか。そして何より怖くない(笑)あたたかな雰囲気です。入ってみましょう!

この雰囲気、かなり好みです!(コジマ)

「コサイン」という旭川の木製家具のショールームでした。
商品をゆっくり見せていただくと、洗練されたたデザインながらも、やさしい木の風合いを生かしたものばかり。
素人目にも加工が難しそうな形状やユニークな形もありますが、高度な加工技術の賜物でしょうか、安定した作りで、そして何より表面の仕上がりがとてもなめらかで心地よいものばかりでした。

恐る恐るスタッフの方に声をかけると、とても親切に対応してくださり、商品にまつわるエピソードも紹介してくださいました。
キッチン用のスツールは学生さんとのコラボで、「お母さんの家事が少しでも楽になるように」と考案されたものなんですって。やさしい…。

のちにその学生さん、入社されたとか!

もとは家具のクラフトマンが集まり、木の切れ端までも有効に活用しようと、電気のスイッチカバーから始まった会社だといいます。
「長い年月をかけて育った木をいただいて作る」…その精神、すてきだなあと思います。
もちろん今でも小さな商品は多いですが、少しずつ家具など大きな製品も増えているようです。

これが原点?
マンションサイズにも合いそう
子供向けにも良いですね

木製の家具といえば(和洋問わず)伝統の重厚な家具、または北欧テイストにみられるお洒落でリーズナブルなもの、いまはその2つが主流のように個人的には感じていました。
コサイン、そのどちらでもないのでは。

気軽なものを数年で交換するのではなく良質なものを長く使いたいが、どっしりとした家具では住まいのスケールや雰囲気にマッチしない、そんなお客様がいらしたらちょっとご紹介したいかな、と感じました。

何よりコジマ自身が「気に入った家具と暮らしたいけど賃貸だし…移動するかもって考えるとこれでいいや」と買わずに済ませているのですが、そんな考えを覆されるような思いでした。連れて移動してもいいのでは?

ひとことで言うなら「長く共に過ごしたい家具」かな。うまく伝わったでしょうか。
サスティナブルな時代ですもの、ね。(はぁ…やっぱり素敵な家具ほしい!)

【お店情報】
コサイン青山
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-5-4SEIZAN 外苑101
公式ホームページ

(おまけ)
ケイコが再三「気になる~」と手に取り、クンクンと嗅いでいた(笑)アロマオイル。
悩んだ挙句「空のかおり」を購入。後日感想を聞いたところ、相当気に入ったもようです。

何種類かありましたが
「やる気が出る!」そうです

【いいもの探し】ライファ大塚では、お客様だけでなく私たち自身も心豊かな暮らしを送るために、常に「良質なもの」(商品、サービス、お店、建物、アイデア、…etc.)を探すアンテナを張っていたいと考えています。リフォームに直接関係あるもの、ないものに関わらず「これ、いいね」と思うもの。もし見つけたらぜひ皆さんにも紹介したい!仕事の合間を縫って、社内でも探求心の強いケイコ、コジマのコンビが事務所を飛び出し、ゆるくブログでレポートします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


0120-39-1794 お問合せ